青森県
 
奥入瀬渓流
GoogleMap:http://g.co/maps/7bq95
十和田湖の子ノ口から焼山までの約14kmの流れで、豊かな樹木や大小14の滝と1つの池、千変万化の美しい流れや様々な奇岩・奇勝が見事な渓流美を作り出しており、四季折々の自然美を堪能できる。
 

  恐山
GoogleMap:http://g.co/maps/5at6j
日本三大霊山の一つに数えられ、立ちこめる硫黄臭と、この世よりもあの世に近い場所と言われる荒涼とした風景はその名に恥じない雰囲気がある。

 

  白神山地
GoogleMap:http://goo.gl/maps/qsDx
全体の面積は13万haでそのうち約1万7千ha (169.7km²) がユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。人為の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林が東アジア最大級の規模で分布している。
特に世界遺産地域は、最も良く原生状態が保たれており、その価値は、地球的に見ても極めて重要であると評価されている。
 
岩手県

  平泉
GoogleMap:http://goo.gl/maps/Bgd5
岩手県南西部にある古くからの地名であり、現在の平泉町の中心部。
この地域一帯には、平安時代末期、奥州藤原氏が栄えた時代の寺院や遺跡群が多く残り、そのうち5件がユネスコの世界遺産リストに登録された。
東北地方で初の世界文化遺産でもある。

 

  猊鼻渓
GoogleMap:http://g.co/maps/4umj3
日本百景の一つに数えられるげいび渓は、砂鉄川が石灰岩を侵食してできた約2キロメートルにわたる渓谷。川岸には高さが100メートルを超す断崖絶壁がそびえ、国の名勝にも指定される幻想的な深山幽谷となっている。
名物として知られるのが、船頭が棹一本で巧みに舟を操る舟下り。慌ただしい日常を忘れ、ゆったりとした時間を味わえる。

 

  龍泉洞
GoogleMap:http://g.co/maps/8dmbn
日本三大鍾乳洞に数えられ、国の天然記念物に指定されている。洞内はすでに知られている所だけでも 3,100m以上あり、その全容は5,000m以上に達すると推定される。
中でも第3地底湖は水深 98m、第4地底湖(未公開)は 12Omと日本一で、世界でも有数の透明度を誇る。

 
宮城県

  御釜 (蔵王連峰)
GoogleMap:http://goo.gl/maps/kI5r
蔵王連峰の観光のハイライトとして知られる。
今まで26回の噴火を繰返した荒々しい火口壁や神秘的なエメラルドグリーンの湖面は、蔵王の象徴となっている。その御釜は太陽光線の当たり方で、さまざまに色を変えるため「五色沼」とも呼ばれている。

 
秋田県

  九階の滝
GoogleMap:http://p.tl/Q3Sh
昔から地元の猟師(マタギ)でさえも「神様の沢」として畏怖し、近寄れなかったと伝えられる幻の滝。
これまで「九階の滝」まで到達した人は、地元でさえ数えるほどしかいない、というほど過酷な秘境中の秘境にある。

 

  田沢湖
GoogleMap:http://g.co/maps/98bgg
秋田県の中東部に位置する最大深度は423.4mで日本第一位、世界では17番目に深い湖。
その深さゆえに、真冬でも湖面が凍り付くことはない。そして、深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るといわれており、そのためか日本のバイカル湖と呼ばれている。

 
 
  史跡 尾去沢鉱山
GoogleMap:http://g.co/maps/m5zjv
1300年の歴史と採掘跡を間近に見る事が出来る日本最大の銅鉱山史跡。
http://www.osarizawa.jp/

 
山形県

  宝珠山立石寺(山寺)
GoogleMap:http://goo.gl/maps/OrQY
松尾芭蕉が『奥の細道』で「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という俳句を詠んだ有名な名所。
平安時代前期、第56代清和天皇の命により、比叡山・天台宗の高僧の慈覚大師により開山された霊場。
五大堂という展望台から眺めは最高で、山寺の山々や下界を一望できる。
 

  銀山温泉
GoogleMap:http://goo.gl/maps/MdXUf
郷愁を感じるノスタルジックな大正時代の面影を残す温泉旅館街。ガス燈に照らされた町並みが情緒豊かで、新緑、紅葉、雪景色など、季節によっても様々な表情がある。
年間を通して楽しめる観光スポットとして、全国的にも人気。

 
 
福島県

  五色沼
GoogleMap:http://goo.gl/maps/MVX9
磐梯山の北側山麓の湖沼群のうち桧原湖、小野川湖、秋元湖にはさまれて点在する大小40あまりの湖沼群を総称して五色沼と言う。 
コバルト色、青色、銅色などの水をたたえた沼は神秘的で四季を通して美しい風景に満ちている。